萎縮性膣炎(老人性膣炎)と更年期

萎縮性膣炎(老人性膣炎)と更年期

萎縮性膣炎(老人性膣炎)とは閉経後などの更年期
において女性ホルモンが減少することで膣に炎症
が起こる症状です。

女性ホルモンであるエストロゲンの減少により膣の
粘膜が委縮し、分泌液の量が減少し、潤滑性がなく
なり膣の自浄作用が低下するために膣炎が生じます。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の症状として、膣や外陰部
の痛み・かゆみ、排尿時の違和感が挙げられます。

この他、性行為痛、血尿・頻尿、膀胱炎症状もあります。

検査としておりもの検査、血液ホルモン検査などを行い
ます。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の治療では膣座薬や内服薬
を使ったりしますし、更年期障害がある場合はホルモン
補充療法を行ったりします。
バランスガード, 240粒 【マラソンP10】

☆関連記事
女性ホルモンのバランスを改善について






PING送信プラス by SEO対策