働く女性に急増!若年性更年期障害

働く女性に急増!若年性更年期障害


更年期障害は閉経前後の女性が女性ホルモンの分泌が
アンバランスになり、これが原因で女性特有の更年期障害
にある様々な症状がでます。

この更年期障害の症状には顔のほてり、多汗、冷え性、動悸、
息切れイライラ、頭痛、吐き気などなど・・・・

たくさんあります。

通常の更年期障害は40代ごろからでるのですが、最近では
20代〜30代の若い女性にもこの更年期障害の症状がでて
います。

特に忙しく働く女性に更年期障害がでやすいようです。

若いのに生理不順になったり、生理がとまったりといった
更年期障害と同じような症状がでます。

あくこの若いうちからの更年期障害発症を若年性更年期障害
といいます。

医学的には一年以上生理が止まることを閉経といいます。

しかし若年性更年期障害の女性で完全に閉経するかたは少ないです。

なぜ若年性更年期障害は働く女性に多いのでしょうか?

この若年性更年期障害の原因にはストレス、過食、拒食、などの
無理な生活の結果なります。

若いからと言って安心するのではなく、無理のない生活を送り、
若年性更年期障害を予防、改善しましょう。

paybackjb at 21:36│clip!女性 | 若年性更年期障害とは


PING送信プラス by SEO対策